板挽き大型量産工場の原木集荷モデル

板挽き大型量産工場の原木集荷モデル

レコードナンバー813426論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00020532NACSIS書誌IDAN10592752
著者名濱野 英太郎
遠藤 日雄
書誌名鹿児島大学農学部演習林研究報告 = Research bulletin of the Kagoshima University forests
別誌名Res. bull. Kagoshima Univ. For.
鹿大演研報
演習林研究報告
発行元鹿児島大学農学部演習林
巻号,ページ38号, p.27-43(2011-03)ISSN13449362
全文表示PDFファイル (1520KB) 
抄録バブル期以降,林野施策等により国産材製材工場が規模を拡大させている。住宅構造部材の多くは外材が利用されている中,国産材製材工場が規模を拡大することにより,外材の市場を取ることができるのか。そこで,本稿では,外材の市場を取るためには,製品価格を最低同値にすることを前提に,その時の採算分岐点となる製材規模を算出し,その規模に必要な原木の集荷方法について考察した。その結果,ラミナ製材工場の場合,製品価格が2,300円/本で,原木価格が10,000円/m3であれば,約30万m3/年の製材規模が必要であることが分かった。この集荷を実現させるためには,(1)協定取引を主にする必要があること(2)出荷量の多い所へ対して価格等のインセンティブを与えること(3)往復荷を利用することによる流通経費削減が必要である。そして,これを実現するためには地域毎にサテライト土場を設置することが必要であると考察した。但し,これは,新たな素材需要が生まれても対応できることを前提とする。
索引語板挽き大型量産工場;原木集荷モデル
引用文献数31
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat