Two-step vaccine programの牛ウイルス性下痢ウイルス2型に対する有用性評価

Two-step vaccine programの牛ウイルス性下痢ウイルス2型に対する有用性評価

レコードナンバー813497論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名加藤 肇
江村 有希子
澤向 陽一
佐藤 洋平
西松 栄光
佐藤 礼一郎
大西 守
田島 誉士
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ64巻・ 6号, p.453-456(2011-06)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (303KB) 
抄録牛ウイルス性下痢ウイルス(BVDV)1およびBVDV2の不活化ワクチンを接種後にBVDV1の生ワクチンを免役増強に用いるTwo-step vaccine programのBVDV2に対する免疫効果について検討した.北海道根室地区の農場で出生し、十分に初乳を与えられた子牛15頭を5頭ずつA、BおよびCの3群に分けて試験に用いた.BVDV1とBVDV2の不活化ワクチンを1回接種するA群、Two-step vaccine programのB群およびBVDV1の生ワクチンを1回接種するC群に区分して、中和抗体価を測定した.その結果、BVDV2に対する抗体価が、B群はAおよびC群に比べてTwo-step vaccine program実施後有意に高かった.同方法はBVDV2に対する感染防御効果を向上させることが期待された.
索引語step;vaccine;program;有用性評価
引用文献数7
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat