液相-バイオフィルム間の物質移動を考慮したシミュレーションモデルの構築

液相-バイオフィルム間の物質移動を考慮したシミュレーションモデルの構築

レコードナンバー813570論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名渡邊 建士
田中 史彦
内野 敏剛
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ58巻・ 7号, p.318-323(2011-07)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (417KB) 
抄録バイオフィルム量の経時変化の予測およびバイオフィルム量データの解析を目的とした決定論的および確率論的シミュレーションモデルを構築し、実測値とのフィッティング結果からモデルの妥当性について検討した.(1)モデルパラメータの値は、両モデルにおいて、細胞外多糖類による基質の濃縮、バイオフィルム内部の増殖速度の低下、貧栄養下におけるバイオフィルム形成能の向上といったバイオフィルムの特性をよく反映する値を示した.(2)両モデルにおいて、高い精度でバイオフィルム量の経時変化を表現できた.また、確率論的モデルにおいて、高い精度でバイオフィルム量のばらつきを表現できた.以上のことから、両モデルは、バイオフィルム量の経時変化の予測およびバイオフィルム量データの解析に有用であることが示された.
索引語液相;バイオフィルム間;物質移動;考慮;シミュレーションモデル;構築
引用文献数12
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat