ベトナムの食肉衛生管理におけるインセンティブと衛生監視制度

ベトナムの食肉衛生管理におけるインセンティブと衛生監視制度

レコードナンバー813722論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013525NACSIS書誌IDAN10358482
著者名耕野 拓一
細野 ひろみ
書誌名開発学研究
別誌名Journal of agricultural development studies
日本国際地域開発学会開発学研究
発行元日本国際地域開発学会
巻号,ページ21巻・ 3号, p.30-37(2011-03)ISSN09189432
全文表示PDFファイル (601KB) 
抄録ベトナムの食肉流通は、衛生管理に関わる「隠れた行動」から起きるモラルハザードや、「隠れた情報」から起きる逆選択の問題が生じている。この研究ではベトナム・フエ市で実施した、食肉衛生に関わる疫学調査の結果に、プリンシパル・エージェント理論を適用し、衛生管理におけるインセンティブの与え方について分析した。衛生管理努力を怠った場合の実質的罰金の増加とともに、適切な衛生管理を行った場合の表彰制度の導入などが、食品衛生水準の向上に必要であることが明らかとなった。
索引語ベトナム;食肉衛生管理;インセンティブ;衛生監視制度
引用文献数11
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat