栄養状態によるアルブミン合成の調節機構に関する研究

栄養状態によるアルブミン合成の調節機構に関する研究

レコードナンバー813764論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014795NACSIS書誌IDAN00311992
著者名桑波田 雅士
書誌名日本栄養・食糧学会誌
別誌名日本栄養・食糧学会誌
発行元日本栄養・食糧学会
巻号,ページ64巻・ 4号, p.215-219(2011-08)ISSN02873516
全文表示PDFファイル (408KB) 
抄録血清アルブミンは栄養状態の評価に利用される代表的なマーカーである。アルブミン合成の調節において、食事は最も重要な因子の一つである。アルブミン遺伝子の転写活性がタンパク質栄養状態の影響をうけることが知られており、我々はアミノ酸供給によるアルブミン遺伝子発現の調節が、ビタミンB6誘導体ピリドキサール5’-リン酸(PLP)の細胞内濃度変化を介していることを見出した。PLPが転写調節因子に直接結合することでアルブミン遺伝子の転写活性に影響を及ぼす可能性を示唆する。一方、絶食に伴うアルブミン合成の抑制には、遺伝子転写後調節が深く関与している。我々はRNA結合タンパク質の一つであるPolypyrimidine tract-binding protein(PTB)がアルブミンmRNAのコード領域に結合し、翻訳反応を抑制することを見出した。アルブミンmRNA-PTB複合体形成量の変化が、絶食時におけるアルブミン合成の調節に関与する可能性を示唆する。
索引語栄養状態;アルブミン合成;調節機構;研究
引用文献数25
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat