犬のBrucella canis感染に関する全国的疫学調査

犬のBrucella canis感染に関する全国的疫学調査

レコードナンバー813770論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名橘 理人
小林 菜苗
猪熊 壽
鈴木 宏志
度会 雅久
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ64巻・ 7号, p.559-561(2011-07)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (214KB) 
抄録ブルセラ症は、ブルセラ属菌の感染により引き起こされる人と動物の共通感染症の一つである.家畜では繁殖障害が、人では発熱、筋肉痛、関節痛などが見られる.近年、犬のBrucella canisの集団感染事例が国内で多数報告されている.そこで、本研究では、国内の犬のB. canis感染状況を明らかにするために、ブルセラ・カニス凝集反応用菌液を用いた試験管凝集反応試験(tube agglutination test : TAT)による全国的な血清疫学調査を行った.TATによるスクリーニング検査では1,158検体中35検体(3.0%)が陽性を示し、さまざまな犬種及び都道府県において陽性検体が認められた.また、雄犬及び雌犬の陽性率は、それぞれ3.8%、2.3%であった.これらの結果から、日本の犬にはB. canisの感染が広く定着していることが示唆された.
索引語犬;canis感染;全国的疫学調査
引用文献数11
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat