Fusarium graminearumに対する新規キレート殺菌剤カルベンダジム-8-オキシキノリン-の効果

Fusarium graminearumに対する新規キレート殺菌剤カルベンダジム-8-オキシキノリン-の効果

レコードナンバー813786論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010122NACSIS書誌IDAA11818622
著者名Yu W.
Zhang L.
Qiu J.
Wang J.
Chen C.
Zhou M.
書誌名Journal of pesticide science
別誌名日本農薬学会誌. 和文編
日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ36巻・ 3号, p.385-391(2011-08)ISSN1348589X
全文表示PDFファイル (542KB) 
抄録カルベンダジム(MBC)とオキシン-銅(BHC)のキレート化合物であるカルベンダジム-8-オキシキノリン-銅(BCOC)の効果を,MBCおよびBHCと比較したところ,インビトロでのFusarium graminearumのMBC耐性株に対する抑制効果では,MBCやBHC,またそれらの混合物より強く,MBC高度耐性株に対するBCOCの最小抑制濃度は,MBCの10倍も低い値であった.発芽管のあらわれ方は,BCOC処理とMBC処理で類似していた.BCOCのEC50は,2010年に採集された124野生株に対しては1.29±0.61μg/mLであり,2000~2010年に採集された127耐性株に対しては,3.23±0.41μg/mLであった.圃場において,感受性株や抵抗性株を人工的に接種させた場合,BCOCはムギ赤かび病に対し優れた予防および治療効果を示した.BCOCの高い効果は,8-オキシキノリン-銅が分子機造を変化させ,それによってBCOC中のカルベンダジムのラジカルと,F.graminearum中のβ2-チューブリンタンパク質との間の相互作用を促進するためと思われる.
索引語Fusarium graminearum;オキシキノリン;新規キレート殺菌剤カルベンダジム;効果
引用文献数20
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat