負の光屈性によるキヅタ葡匐シュートの伸長

負の光屈性によるキヅタ葡匐シュートの伸長

レコードナンバー813794論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018854NACSIS書誌IDAA12003078
著者名加藤 正吾
細井 和也
川窪 伸光
小見山 章
書誌名日本森林学会誌
別誌名日林誌
J. Jpn. For. Soc.
発行元日本森林学会
巻号,ページ93巻・ 3号, p.123-128(2011-06)ISSN13498509
全文表示PDFファイル (425KB) 
抄録付着根型つる植物であるキヅタ(ウコギ科)の匍匐シュートの伸長方向と光環境の関係を実験的に解析した。匍匐シュートに傾度のある光環境条件を与えた場合,10mm以上伸長したすべてのシュートで,キヅタは負の光屈性を示した。また,その負の光屈性は,シュートの先端が水平方向と垂直方向の光強度が均一に低下するような空間をめざして伸長するように生じていた。シュートの伸長量は光量の減少にしたがって低下したが,20μmol/m2/sという弱光環境においても負の光屈性は生じていた。つまり,キヅタの匍匐シュートの負の光屈性は,単なる強光を避ける反応ではなく,三次元空間的な光環境で暗所方向へ伸長する反応であった。この負の光屈性は,つる植物が林床の不均一な光環境下で,支持体として有効な樹木を匍匐シュートによって探索する際に,シュート先端が登攀開始点となる暗い樹木の根元に到達する有効な生態的特性であると考えられる。
索引語負;光屈性;キヅタ葡匐シュート;伸長
引用文献数21
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat