粉砕程度が稲わら含有デンプンおよび可溶性糖の抽出に及ぼす影響

粉砕程度が稲わら含有デンプンおよび可溶性糖の抽出に及ぼす影響

レコードナンバー813890論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015617NACSIS書誌IDAN00201054
著者名須永 薫子
本林 隆
平沢 正
大川 泰一郎
帖佐 直
東城 清秀
書誌名農業施設
別誌名Journal of the Society of Agricultural Structures, Japan
発行元農業施設学会
巻号,ページ129号, p.1-7(2011-06)ISSN03888517
全文表示PDFファイル (608KB) 
抄録本論文では、ホールクロップ用飼料イネである水稲品種リーフスターの穂、葉身、稈及び葉鞘(茎)を用い、バイオエタノール原料としての利用性を明らかにすることを目的にイネの粉砕特性、粉砕程度と可溶性糖およびデンプンの抽出量の関係、粉砕エネルギーとデンプン抽出率の関係を検討した。穂、葉身、茎の器官別および未分離(ホール)試料について粉砕特性を検討した結果、粗粉砕、微粉砕ともに器官別試料に比べホール試料において、より小さい粒径の相対粒子量が多かった。器官別に粉砕することに比べホールで粉砕することが、微小粒子形成に効果的であると考えられた。ホール試料の粉砕程度と可溶性糖およびデンプン抽出量を検討した。可溶性糖抽出量は粉砕方法によらず同程度であり、デンプン抽出量は粒径50~100μmの相対粒子量との関係が認められた。可溶性糖とデンプンの合計抽出量は粉砕程度により異なり、平均粒径が100μm以下の微粉砕試料を最大抽出可能量とした場合、平均粒径が232μmの粗粉砕試料で約88%の抽出率であった。可溶性糖およびデンプンの抽出エネルギー効率は粗粉砕のみを行う方法で最も高かった。
索引語稲わら含有デンプン;粉砕程度;可溶性糖;抽出;影響;稲;ら含有デン
引用文献数15
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat