地方企業の地域社会における役割に関する一考察

地方企業の地域社会における役割に関する一考察

レコードナンバー814061論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005635NACSIS書誌IDAN00164184
論文副題清酒製造業を事例にして
著者名上地 由朗
桜谷 哲夫
書誌名東京農業大学農学集報
別誌名Journal of agriculture science, Tokyo University of Agriculture
Journal of agricultural science, Tokyo Nogyo Daigaku
東京農大農学集報
東農大農学集報
農学集報
東京農業大学農學集報
発行元東京農業大学
巻号,ページ56巻・ 1号, p.93-102(2011-06)ISSN03759202
全文表示PDFファイル (629KB) 
抄録本研究は都市型農業がおこなわれている神奈川県厚木市の棚沢地区において,高度効率化を目指した窒素施肥管理の確立のために行ったもので,ここでは水稲の収量を最大にする最適穎花数とそのために必要な体内窒素量を検討した。栽培試験は東京農業大学棚沢水田において1998年から2008年にかけて行った。供試品種は水稲日本晴,コシヒカリおよびタカナリとし,試験区は典型的に施肥法が異なるもの,および基肥施用の有無と異なる追肥時期の組み合わせたもので構成し,合計180区であった。調査項目は収量および収量構成要,体内窒素濃度および体内窒素量の経時変化であった。タカナリは日本晴やコシヒカリよりも一穂穎花数が多い傾向にあり,その結果,単位面積あたり穎花数および玄米収量が明らかに多かった。単位面積あたり穎花数と玄米収量の関係は日本晴およびコシヒカリの日本型品種とタカナリとは明らかに異なった。収量を最大にする最適穎花数は日本晴およびコシヒカリでは35,000,タカナリでは48,000/m-2であった。また,単位面積あたり穎花数は穎化分化終期および出穂期における体内窒素量の間には品種ごとに密接な関係があった。それらの関係を用いて最適穎花数に到達するために必要な出穂期における体内窒素量は日本晴,コシヒカリ,タカナリのそれぞれ,12.5,16.0,17.2gm-2であった。一方,無窒素区から算出した天然供給由来の吸収窒素量は体内窒素量の50~60%であり,残りは施肥に依存することになる。したがって,棚沢水田における水稲栽培では,最適穎花数を確保するために吸収率が高い幼穂発育期を中心とした窒素追肥を積極的に行うことが推奨される。
索引語地方企業;地域社会;役割;清酒製造業;事例
引用文献数31
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat