山形県における MBI-D 耐性イネいもち病菌の発生とモニタリング

山形県における MBI-D 耐性イネいもち病菌の発生とモニタリング

レコードナンバー814080論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20036621NACSIS書誌IDAA12403495
著者名早坂 剛
上野 清
書誌名山形県農業研究報告 = Bulletin of Agricultural Research in Yamagata Prefecture
別誌名山形農業研報
Bull. Agri. Res. Yamagata
Yamagata Ken Nogyo Kenkyu Hokoku
発行元山形県農業総合研究センター
巻号,ページ3号, p.53-62(2011-03)ISSN18834655
全文表示PDFファイル (694KB) 
抄録シタロン脱水酵素阻害型メラニン合成阻害剤(以下,MBI-D剤)に低感受性で十分な防除効果が得られないイネいもち病菌の発生が2004年に県内の一般圃場で初めて確認された.このため,2005年に県内各地域の圃場から採集された葉いもちと穂いもちの病斑から単胞子分離したいもち病菌について,MBI-D剤に対する感受性検定を行なった.葉いもち病斑からは28地点中11地点,穂いもち病斑から22地点中13地点で耐性菌が検出され,調査した19市町村中10市町村で耐性菌の発生が確認された.2005年の広域的な耐性菌発生を受けて,県内におけるMBI-D剤の使用割合は2005年の33%から2008年には2%に減少した.しかし,その後も耐性菌の発生は県内各地で認められ,2006年には36市町村中27市町村に拡大した.また,県内の種子生産組織の2005~2007年産種籾において耐性菌が検出され,種子による伝染拡大の可能性が示唆された.
索引語山形県;耐性イネいもち病菌;発生;モニタリング
引用文献数14
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat