生物多様性保全に関する環境意識の決定要因

生物多様性保全に関する環境意識の決定要因

レコードナンバー814216論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011887NACSIS書誌IDAN10165252
論文副題ミレ二アム開発目標との関係性において
著者名倉増 啓
鶴見 哲也
馬奈木 俊介
書誌名環境科学会誌 = Environmental science
別誌名環境科学会誌
発行元環境科学会
巻号,ページ24巻・ 4号, p.397-404(2011-07)ISSN09150048
全文表示PDFファイル (540KB) 
抄録本研究の目的は、ミレニアム開発目標に関わる重要度に焦点をあてて、生物多様性保全に関する環境意識の決定要因を明らかにすることである。個人の環境意識がどのような要因により規定されているのかを明確にすることで、より効率的に生物多様性保全政策が進む可能性がある。分析には、日本全国にて行ったサーベイより得られた環境意識指標、経済指標、社会・人口統計上の指標および性格指標を用いる。本研究で得た推計結果より、経済指標である所得、失業、社会・人口統計上の指標である年齢、性別、結婚、健康、衝撃的出来事の経験度、主観的幸福度、性格指標である時間割引率、危険回避度、利他性が、環境意識に対し影響を有していることが示唆された。
索引語生物多様性保全;環境意識;決定要因;ミレ二アム開発目標;関係性
引用文献数9
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat