Arabidopsis thalianaにおけるジャスモン酸経路がサツマイモネコブセンチュウ侵入に及ぼす影響

Arabidopsis thalianaにおけるジャスモン酸経路がサツマイモネコブセンチュウ侵入に及ぼす影響

レコードナンバー814405論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20037135NACSIS書誌IDAA12415279
著者名藤本 岳人
冨髙 保弘
安部 洋
津田 新哉
二井 一禎
水久保 隆之
書誌名Nematological research
別誌名日本線虫学会誌
発行元日本線虫学会
巻号,ページ41巻・ 1号, p.9-17(2011-07)ISSN
全文表示PDFファイル (752KB) 
抄録植物のジャスモン酸(JA) 経路がサツマイモネコブセンチュウ(RKN)の侵入に及ぼす影響をシロイヌナズナの多様な植物ホルモン合成経路変異体を用いて評価した。野生株(WT)とサリチル酸経路欠損体(npr1-1)はジャスモン酸メチル(MeJA)に浸漬すると、無処理時に比べRKNの侵入が有意に低下した。JA経路過剰発現体(sa2-1、sa2-7)におけるRKNの侵入数は、MeJAを処理した場合も無処理と変わらず、ともにWTへのMeJA処理時と同等であった。RKNの侵入が抑制されたとき、植物のJA経路が活化されており、JA経路の活化とRKNの侵入との間に負の相関があることが判明した。JA経路欠損体(coi1-1)ではMeJAを処理してもJA関連遺伝子は発現しなかったが、RKNの侵入はWTのMeJA処理時と同等であった。これらの結果から、植物への侵入の際にRKNがJA経路に影響を受けることが示唆された。
索引語Arabidopsis thaliana;ジャスモン酸経路;サツマイモネコブセンチュウ侵入;影響
引用文献数45
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat