北海道で野生化したアライグマ (Procyon lotor) から検出された旋毛虫 Trichinella T9の形態学的および分子生物学的解析

北海道で野生化したアライグマ (Procyon lotor) から検出された旋毛虫 Trichinella T9の形態学的および分子生物学的解析

レコードナンバー814408論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20037135NACSIS書誌IDAA12415279
著者名小林 朋子
金井 祐太
奥 祐三郎
的場 洋平
片倉 賢
浅川 満彦
書誌名Nematological research
別誌名日本線虫学会誌
発行元日本線虫学会
巻号,ページ41巻・ 1号, p.27-29(2011-07)ISSN
全文表示PDFファイル (2418KB) 
抄録2004年から2005年にかけて北海道で捕獲したアライグマから検出されたTrichinella筋肉被嚢幼虫について、multiplex-PCRとCO I領域の配列により種の同定を行った結果、Trichinella T9と同定された。Trichinella T9はこれまで日本の野生動物からのみ報告されていることから、今回の結果によりアライグマが日本の野生動物におけるトリヒナの感染サイクルにかかわっていることが示唆された。
索引語Trichinella;北海道;野生化;アライグマ;から検出;旋毛虫;分子生物学的解析
引用文献数9
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat