花からのSaccharomyces cerevisiaeの選択的分離と遺伝的多様性

花からのSaccharomyces cerevisiaeの選択的分離と遺伝的多様性

レコードナンバー814418論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名安田 庄子
北本 則行
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ58巻・ 9号, p.433-439(2011-09)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (4676KB) 
抄録酒類やパンなどの発酵食品に新しい特徴を付与するため、自然界からのSaccharomyces cerevisiaeの新規分離株が必要とされている.我々は選択増殖培養とrDNA 5.8S-ITS領域のPCR解析を組み合わせた分離方法により、愛知県内のサクラなどの花からS. cerevisiaeの新規取得を試み、6株の分離に成功した.6株のS. cerevisiae分離株について糖の発酵性と糖の資化性を調べた.糖の発酵性および糖の資化性プロファイルは5株が同一で、1株のみが異なった.6株のS. cerevisiae分離株の糖の資化性プロファイルはいずれもK7株およびBy株とは異なっていた.また、6株のS. cerevisiae分離株はK7株およびBy株に対してキラー性を示さなかった.6株のS. cerevisiae分離株のmtDNA RFLP解析を行った結果、2株間の一致を除いてそれぞれ異なるプロファイルを示した.Ty1 deltaエレメン卜のPCR解析の結果、6株のS. cerevisiae分離株はすべて異なるプロファイルを示し、K7株およびBy株とも異なっていた.これらの結果から、6株のS. cerevisiae分離株の遺伝的多様性が示された.
索引語Saccharomyces cerevisiae;花;選択的分離;遺伝的多様性
引用文献数16
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat