東北地域北部における連続不耕起栽培が飼料用トウモロコシの収量に与える影響

東北地域北部における連続不耕起栽培が飼料用トウモロコシの収量に与える影響

レコードナンバー814425論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
著者名平久保 友美
魚住 順
川畑 茂樹
雑賀 優
佐野 宏明
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ57巻・ 2号, p.73-79(2011-07)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (494KB) 
抄録飼料用トウモロコシの不耕起栽培時の収量性を耕起栽培時の収量性と5年間比較した。播種後の出芽率は不耕起栽培でも概ね良好であったが、耕起栽培と比べるとやや低くなる傾向がみられた。生育中の土壌水分は不耕起栽培の方が有意に高く、初期生育時の草丈も不耕起栽培の方が高くなった。収穫時のトウモロコシの飼料成分は各成分とも不耕起栽培と耕起栽培と同等であったが、連続栽培5年目には不耕起栽培時の粗蛋白質含量が耕起栽培よりも少なくなった。収穫後採取した土壌の成分は交換性カルシウム含量、マグネシウム含量で不耕起栽培の方が低くなる傾向を示した。トウモロコシの収量は5年間の連続栽培を行っても耕起栽培と同等であった。以上のことにより、トウモロコシの不耕起栽培は北東北で普及が可能であると考えられた。
索引語連続不耕起栽培;東北地域北部;飼料用トウモロコシ;収量;影響;連続;耕起栽培
引用文献数25
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat