1997年から2010年にかけて香川県沿岸の瀬戸内海で漁獲されたヒラメにおける単生類 Neoheterobothrium hirame の寄生動態

1997年から2010年にかけて香川県沿岸の瀬戸内海で漁獲されたヒラメにおける単生類 Neoheterobothrium hirame の寄生動態

レコードナンバー814440論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名山本 昌幸
長野 泰三
牧野 弘靖
植田 豊
中山 博志
安部 昌明
一色 正
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ77巻・ 5号, p.862-870(2011-09)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (754KB) 
抄録瀬戸内海香川県沿岸域のヒラメにおけるN.hirameの寄生は,1998年に初めて確認された。寄生率は1998年から2000年に急増し,2005年まで高い水準であったが,2006年に減少し,2010年まで低い値で推移した。一方,寄生強度には年変動がみられなかった。寄生率と寄生強度は夏・秋より冬・春で高く,季節変動が示された。日本海西部の調査結果と比べたところ,本海域の寄生率・寄生強度の方が低く,その要因として夏の高水温と冬の低水温,および本海域特有のヒラメの分布生態が関与していると推察される。
索引語Neoheterobothrium hirame;香川県沿岸;瀬戸内海;漁獲;ヒラメ;単生類;寄生動態
引用文献数22
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat