ソーラーポンプを利用したNFT式底面給水砂育苗法

ソーラーポンプを利用したNFT式底面給水砂育苗法

レコードナンバー814536論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014870NACSIS書誌IDAN0038751X
著者名小野 綾介
桝田 正治
書誌名農業および園芸 = Agriculture and horticulture
発行元養賢堂
巻号,ページ86巻・ 10号, p.993-999(2011-10)ISSN03695247
全文表示PDFファイル (434KB) 
抄録試験1では、肥効調節型肥料を用いたトマトのマット底面給水砂育苗法の検討を行った.また、各種微量要素を含有した「燃焼鶏ふん灰」の施用効果についても検討した.その結果、燃焼鶏ふん灰(岡山産)を約0.6g/ポット施用した区では、施用していない区と比べ地上部・地下部新鮮重が大きく、燃焼鶏ふん灰の施用効果が認められた.また、肥効調節型肥料「エコロングトータル313」の40日タイプを3g/ポット施用した区では、70日タイプを同量施用した区と比べ地下部新鮮重が大きかった.これは、35℃(高温)・25℃(中温)・15℃(低温)条件下において各肥料の溶出特性を調査した結果から、溶出量の差が反省されたものと推測された.また、40日タイプは70日タイプと比べ、低温による溶出の抑制を受けにくい事がわかった.このことから、本手法によるトマトの中-低温期育苗では、40日タイプの施用が適当と考えられた.試験2では、ソーラーポンプを利用した日射依存型潅水法をNFT式底面給水装置に適用し、メロン・トマトの育苗試験を行った.その結果、貯水管から6m離れた苗においても萎れは生じなかった.また、マット上の位置の違いによる苗の生育差はほとんど見られず、培地含水率も終日安定していた.以上の結果から、本手法は実用レベルでメロン・トマトの育苗に利用できるものと考えられた.
索引語ソーラーポンプ;利用;NFT式底面給水砂育苗法
引用文献数17
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat