水槽内におけるサケOncorhynchus keta稚魚によるニシンClupea pallasii仔魚の捕食

水槽内におけるサケOncorhynchus keta稚魚によるニシンClupea pallasii仔魚の捕食

レコードナンバー814613論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名白藤 徳夫
村上 直人
森岡 泰三
市川 卓
福永 恭平
安藤 忠
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ59巻・ 3号, p.403-410(2011-09)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (5452KB) 
抄録春季の沿岸海域におけるサケ稚魚とニシン仔魚の捕食-被食に関する実態解明のための基礎的知見を得ることを目的に、実験水槽内においてサケ稚魚によるニシン仔魚の捕食実験を行った。解凍した大型、小型ニシン仔魚および生きた仔魚をサケ稚魚に与えたところ、いずれの状態の仔魚も活発に捕食された。したがって両者が同所的に分布していればサケ稚魚はニシン仔魚の捕食者になることがわかった。また、ニシン仔魚を摂餌した際のサケ稚魚の飽食量は体重の4.7~7.4%であること、摂餌後2~4時間で胃内容物の50%が消化されること、捕食されたニシン仔魚は摂餌後3~6時間までは形態学的手法による同定が可能であることがわかった。今後、サケ稚魚の仔稚魚捕食の実態を理解するためには、サケの摂餌時間と消化速度を考慮に入れた採集時間帯設定や捕食量推定法の検討を行う必要がある。
索引語サケOncorhynchus keta稚魚;ニシンClupea pallasii仔魚;水槽内;捕食;keta稚魚;pallasii仔魚
引用文献数48
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat