フィコシアニンセンサーによる野外でのアオコの定量

フィコシアニンセンサーによる野外でのアオコの定量

レコードナンバー814729論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016414NACSIS書誌IDAN0024866X
著者名中川 惠
高村 典子
書誌名陸水學雜誌
別誌名Japanese journal of limnology
発行元日本陸水學會
巻号,ページ72巻・ 2号, p.145-152(2011-08)ISSN00215104
全文表示PDFファイル (544KB) 
抄録野外で簡便にフィコシアニンの量が測定できるフィコシアニンセンサー(YSI社)の計測値が,検鏡法にて定量したシアノバクテリアの現存量(構成種の細胞体積の総和)ならびにアオコ構成種の現存量を表すかどうかを,ため池で採集した植物プランクトンについて検討した。センサー計測値はシアノバクテリアの現存量もしくはアオコ構成種の現存量のおのおの87%を説明した。センサー計測値が10 2 cells mL-1より小さい池では,顕微鏡下でシアノバクテリアは観察されなかった。センサー計測値が123~2,653cells mL-1の間では,シアノバクテリアが検鏡で認められない池が6割あった。一方,センサー計測値が2,758cells mL-1以上では,全ての池でシアノバクテリアが観察された。センサー計測値が2,758cells mL-1以上を示した池について,センサー計測値からシアノバクテリアの現存量を推定する有意な線形回帰式を得た。シアノバクテリアの代わりにアオコ構成種の現存量について検討したところ,センサー計測値が6,680cells mL-1以上を示した池について,同様の結果を得た。以上より,ため池の植物プランクトンについては,センサー計測値がおおむね10 4 cells mL-1以上と高い範囲であれば,その値は野外のシアノバクテリアの現存量もしくはアオコ構成種の現存量を表すと考えることができた。
索引語野外;アオコ;定量
引用文献数23
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat