畑作地帯における多湿黒ボク土の土壌有機物動態(4)

畑作地帯における多湿黒ボク土の土壌有機物動態(4)

レコードナンバー814762論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014131NACSIS書誌IDAN00348744
論文副題多湿黒ボク土における土壌有機物分解量と還元有機物量との収支
著者名関谷 長昭
書誌名北農
発行元北海道農事試驗場北農會
巻号,ページ78巻・ 2号, p.144-150(2011-04)ISSN00183490
全文表示PDFファイル (475KB) 
抄録2007年の十勝管内の主要畑作物茎葉産出量は2.34Mg C ha-1 y-1、刈株0.24Mg C ha-1 y-1、根0.30Mg C ha-1 y-1で収穫部位を除く合計残渣産出量は2.87Mg C ha-1 y-1であった。茎葉のうち麦稈は70%が敷料として畜産農家へ搬出され、小豆茎葉は焼却されるので圃場へ還元される有機物は1.57Mg C ha-1 y-1である。また、畜産農家から0.38Mg C ha-1 y-1の堆肥が搬入されるので、合計2.49Mg C ha-1 y-1の炭素が土壌に施与されると見積もられた。一方、2007年における多湿黒ボク土の年間有機物分解量は3.43Mg C ha-1 y-1、黒ボク土のそれは1.95Mg C ha-1 y-1と見積もられた。したがって、多湿黒ボク土における炭素収支は-0.94Mg C ha-1 y-1となり土壌有機物が減耗傾向であり、一方、黒ボク土では、+0.54Mg C ha-1 y-1となり、土壌有機物が蓄積する傾向であることを示した。
索引語多湿黒ボク土;畑作地帯;土壌有機物動態;土壌有機物分解量;還元有機物量;収支
引用文献数26
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat