リンゴ 'はるか' および 'ふじ' 果実における糖蓄積特性の比較

リンゴ 'はるか' および 'ふじ' 果実における糖蓄積特性の比較

レコードナンバー814886論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名渡邉 学
小山田 知広
壽松木 章
村上 政伸
佐川 了
小森 貞男
荒川 修
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ10巻・ 4号, p.565-571(2011-10)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (561KB) 
抄録リンゴ‘はるか' と‘ふじ' の葉と果梗,果実における糖含量の変化,光合成速度および光合成産物の転流について比較した. また,これらに及ぼす果実への袋かけ処理の影響についても検討した. 果実の全糖含量は,7月以降‘ふじ' より‘はるか'で高く,この品種間差に最も大きく影響していたのはフルクトース含量であり,次にスクロース含量であった. 葉では8および9月において,果梗ではいずれの時期でも,全糖およびソルビトール含量が‘ふじ'より‘はるか'で高く推移した. 収穫果の全糖含量は,袋かけ処理により‘はるか'でのみ低下し,これはフルクトース含量の低下によるものであった. 葉の糖含量は袋かけ処理により変化しなかったが,果梗のフルクトース含量は両品種とも無袋果より有袋果で高く推移した. しかしながら,これらの糖蓄積の品種間差や袋かけ処理の影響を光合成速度と光合成産物の転流量から議論したが,明らかにはできなかった.
索引語リンゴ;ふじ;果実;糖蓄積特性;比較
引用文献数17
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat