急性輸送ストレスがニワトリ (Gallus domesticus) の副腎における反応に及ぼす影響

急性輸送ストレスがニワトリ (Gallus domesticus) の副腎における反応に及ぼす影響

レコードナンバー814942論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20019368NACSIS書誌IDAA12018166
著者名Kober A. K. M. H.
青山 真人
塚原 直樹
杉田 昭栄
書誌名Animal behaviour and management
別誌名日本家畜管理学会誌・応用動物行動学会誌
発行元日本家畜管理学会
巻号,ページ47巻・ 3号, p.97-103(2011-09)ISSN18802133
全文表示PDFファイル (636KB) 
抄録トラック輸送およびその際に使用する運搬用ケージのタイプが、ニワトリ(Gallus domesticus) の副腎に及ぼす生理学的および生化学的影響について検討した。2010年12月から翌年2月の間、12羽の成オスニワトりを、C1、T1およびT2の3つの実験区に分けた。C1区においては、通常飼育に用いていたのと同じ金網ケージ(95x60x70cm)にニワトリを2羽入れ、輸送を施さなかった。T1区においては、前述した通常飼育用の金網ケージをトラックの荷台に積載し、2~3羽を同時に30分間輸送した。T2区では現場でニワトリの輸送の際に用いている小型のプラスチックケージ(68x48x20cm) に3羽を入れ、30分間輸送した。輸送終了直後の血中コルチコステロン(CORT) 濃度をラジオイムノアッセイで、副腎組織中のチロシン水酸化酵素(TH) およびリン酸化THの発現量をウエスタンブロット法で測定した。その結果、ケージのタイプに関わらず、輪送をした区(T1,T2区)はC1区と比較して血中CORT濃度が有意に高く(p<0.05)、輸送がニワトリにとってストレスとなることが示唆された。T2区の血中CORT濃度はT1のそれと比較して若干高かったが、TlとT2区の間に有意差はなかった。THの発現量に対するリン酸化THの発現量の割合は、3つの実験区いずれの間にも有意差はみられなかった。これらの結果より、30分間の輪送はニワトリにとってストレスとなるが、小型ケージに収納されて輪送されることは、少なくとも冷涼な気候下で30分間であればストレスとはならないことが示唆された。
索引語Gallus;急性輸送ストレス;ニワトリ;副腎;反応;影響
引用文献数26
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat