台湾における食品の安全性をめぐる問題と課題

台湾における食品の安全性をめぐる問題と課題

レコードナンバー814945論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013525NACSIS書誌IDAN10358482
著者名黄 琮琪
書誌名開発学研究
別誌名Journal of agricultural development studies
日本国際地域開発学会開発学研究
発行元日本国際地域開発学会
巻号,ページ22巻・ 2号, p.13-19(2011-12)ISSN09189432
全文表示PDFファイル (4453KB) 
抄録食品の安全性は台湾でも重要な問題であり、GAP(農業生産工程管理)が1994年に果実と野菜に導入された。1997年の台湾での豚口蹄疫の発生後、日本への豚肉輸出が数年間禁止となったばかりでなく、台湾では少なくとも4ヶ月間は消費者が豚肉製品の購入を控えた。GMO(遺伝子組換え)食品の人の健康に与える不安、HPAI(高病原性鳥インフルエンザ)のアジアでの発生、イギリスでのBSE(牛海綿状脳症)発生は、グローバルな視点から食品問題に注目が集まる契機となった。国内・輸入農産物に対するHACCP(総合衛生管理製造過程)等の品質基準の構築は、国境を越えた食品安全性や検疫問題に大きく貢献した。消費者は何を求めているかについての農家の理解、そのために必要な方策の確立が政府にとって急務である。
索引語食品の安全性;台湾;課題;食品;安全性
引用文献数3
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat