クズ葉のアンジオテンシン I 変換酵素 (ACE) 阻害活性物質の探索

クズ葉のアンジオテンシン I 変換酵素 (ACE) 阻害活性物質の探索

レコードナンバー814973論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032672NACSIS書誌IDAA1225492X
著者名鷲田 和人
間島 いつか
團迫 智子
中野 智彦
石橋 泰史
小山 智之
野本 享資
書誌名奈良県農業総合センター研究報告
別誌名Bulletin of the Nara Prefectural Agricultural Experiment Station
奈良農総セ研報
Bull. Nara Agr. Exp. Sta.
発行元奈良県農業総合センター
巻号,ページ42号, p.7-11(2011-03)ISSN18821944
全文表示PDFファイル (398KB) 
抄録クズ葉のアンジオテンシンI変換酵素(ACE)祖害活性については知られていたが,その活性物質およびin vivoでの血庄上昇抑制作用については不明であった.そこで,本研究ではクズ葉に含まれるACE阻害物質の探索とクズ葉抽出物の単回投与によるマウスの血圧上昇抑制活性を評価した.その結果,クズ葉の水抽出物から,ACE阻害活性物質を単離することに成功した.そして,機器分析学的手法により,その化学構造をgenisitein-7-O-apiosyl-(1,6)-glucosideであると決定した.この化合物のACE阻害活性は1C50 34μMであった.さらに,クズ葉の水抽出物の単回投与により,マウスのアンジオテンシンI誘導性血庄上昇を有意に抑制することが判明した.棚栽培でも平面栽培でも,クズ葉抽出物はACE阻害活性を示すこと,採取時期が遅いほど活性が強まる傾向が見られたものの,いずれの時期に採取しても,活性を示すことが判明した.
索引語アンジオテンシン;ACE;クズ葉;変換酵素;阻害活性物質;探索
引用文献数6
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat