ドキソルビシン、メルファランおよびメトトレキサートの抗腫瘍効果に影響する食品の検討

ドキソルビシン、メルファランおよびメトトレキサートの抗腫瘍効果に影響する食品の検討

レコードナンバー815014論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014795NACSIS書誌IDAN00311992
著者名岩本 祥子
須永 克佳
原田 園子
大久保 温子
津田 整
書誌名日本栄養・食糧学会誌
別誌名日本栄養・食糧学会誌
発行元日本栄養・食糧学会
巻号,ページ64巻・ 6号, p.393-401(2011-12)ISSN02873516
全文表示PDFファイル (773KB) 
抄録近年では機能性食品やハーブ、健康食品などを用いた補完代替療法への関心が高まり、がんの予防効果や抗腫瘍活性が期待される食品やハーブ類の使用が増加している.それらの食品の機能性の研究は活発に行われているが、化学療法薬との相互作用についてはあまり検討されていない.本実験では俗に悪性腫瘍に有効とされ、がんの化学療法を受けている患者が積極的に摂取する可能性がある8種の食品やハーブの酢酸エチル抽出物を被検試料として、化学療法薬であるドキソルビシン(DOX)、メルファラン(L-PAM)およびメトトレキサート(MTX)と相互作用を引き起こす可能性について検討した.ヒト肝がん由来細胞株HepG2細胞に対するDOX、L-PAMまたはMTXの生存細胞数の減少作用に対する被検試料の影響を検討した結果、チンピおよびホウレン草、緑茶がL-PAMの作用を、また、チンピおよびブロッコリー、緑茶がDOXの作用を減弱する効果が認められ、抗腫瘍効果を減弱する可能性が示唆された.
索引語ドキソルビシン;メトトレキサート;抗腫瘍効果;影響;食品;検討
引用文献数34
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat