ソルガムあるいはオオムギで飼育した4種アブラムシの発育・増殖特性の比較とバンカー法での利用可能性の検討

ソルガムあるいはオオムギで飼育した4種アブラムシの発育・増殖特性の比較とバンカー法での利用可能性の検討

レコードナンバー815074論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014825NACSIS書誌IDAN00186121
著者名安部 順一朗
光永 貴之
熊倉 裕史
矢野 栄二
書誌名日本応用動物昆虫学会誌
別誌名Japanese journal of applied entomology and zoology
日本応用動物昆虫学会誌
巻号,ページ55巻・ 4号, p.227-239(2011-11)ISSN00214914
全文表示PDFファイル (934KB) 
抄録特に盛暑期での利用を想定したショクガタマバエ等のアブラムシ捕食性天敵を用いたバンカー法の代替餌としての有用性を評価するため、ソルガムあるいはオオムギを餌として飼育した4種のアブラムシ、トウモロコシアブラムシ、ヒエノアブラムシ、ムギクビレアブラムシ、ムギミドリアブラムシの内的自然増加率を比較した.15℃、20℃、25℃、30℃の4種恒温条件下において2種の寄主植物の葉片上で飼育した各アブラムシの生存曲線、全生存期間、生涯産仔数を調査し、これらをもとに内的自然増加率を算出した.ソルガムの葉片で飼育した場合、すべての温度条件下で4種のうちヒエノアブラムシの内的自然増加率が最も高かった.オオムギの葉片で飼育した場合、20℃、25℃、30℃の条件下でムギミドリアブラムシの内的自然増加率が最も高かった.以上のデータから、バンカー植物としてソルガム、代替餌としてヒエノアブラムシの組み合わせが盛暑期に利用するバンカー法に適していると考えられた.得られた結果に基づき、施設栽培でのこれらのバンカー植物、代替餌の有効性を考察した.
索引語ソルガム;オオムギ;飼育;発育;増殖特性;比較;バンカー法;利用可能性;検討
引用文献数36
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat