無洗米処理により生じるアリューロン糠中のタンパク質の食品機能特性

無洗米処理により生じるアリューロン糠中のタンパク質の食品機能特性

レコードナンバー815126論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名谷本 昌太
甫出 一将
川上 晃司
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ58巻・ 11号, p.531-536(2011-11)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (4078KB) 
抄録無洗米処理時の副産物であるアリューロン糠(NTWPおよびSJR)を有効利用する目的で、アリューロン糠の全アミノ酸組成、タンパク質濃縮物のタンパク組成および食品機能特性を米糠および白米のそれらと比較した.アミノ酸分析の結果、NTWPとSJRのアミノ酸組成に有意差は認められなかった.GABA含量は、SJRで米糠および白米と比べて有意に高い値を示した.タンパク質濃縮物のタンパク質含量は、白米、NTWP、米糠、SJRの順に多かった.SDS-PAGEの結果、NTWPおよびSJRのタンパク濃縮物は、米糠と白米のタンパク質濃縮物のそれらの中間的な泳動パターンを示した.NTWPのタンパク質濃縮物の起泡力および気泡安定性は米糠のタンパク質濃縮物と同様に白米およびSJRのタンパク質濃縮物と比べて有意に高い値を示した.タンパク質濃縮物の乳化力は、アリューロン糠、米糠、白米でほぼ同等の値を示し、有意差が認められなかった.タンパク質濃縮物の乳化安定性において、アリューロン糠は米糠と比べて有意に低く、白米と比べて高い値を示したが、有意差は認められなかった.以上の結果は、NTWPのタンパク質濃縮物は米糠または白米のタンパク質濃縮物と同等の食品機能特性を有し、SJRのタンパク質濃縮物は起泡性に劣るものの、米糠または白米のタンパク濃縮物と同等の乳化性を示すことが明らかとなった.
索引語無洗米処理;タンパク質;食品機能特性;洗米処理
引用文献数37
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat