コンバインの湿材適応性拡大に関する研究(4)

コンバインの湿材適応性拡大に関する研究(4)

レコードナンバー815203論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015065NACSIS書誌IDAN00200470
論文副題湿材適応技術の汎用コンバインへの適用
著者名栗原 英治
梅田 直円
日高 靖之
杉山 隆夫
野波 和好
書誌名農業機械學會誌
別誌名Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery
農業機械学会誌
Journal of the Society of Agricultural Machinery
Journal of the Society of Agricultural Machinery, Japan
発行元農業機械學會
巻号,ページ73巻・ 6号, p.397-406(2011-11)ISSN02852543
全文表示PDFファイル (913KB) 
抄録本報では、自脱コンバインに有用であった湿材適応技術を汎用コンバインへ適用し、その有用性について述べた。フッ化樹脂コートを施した揺動選別機構等を備えた汎用コンバインを開発し、水稲の収穫試験において自脱コンバインと同様の効果を確認するとともに、大豆の収穫試験を行った結果、水分の高い大豆を収穫した場合の汚粒発生割合や汚染度が、従来機と比較して低減したことから、汎用コンバインの収穫作業時間帯の拡大や大豆の高品質生産に寄与できると考えられた。また、開発機を用いて、揺動選別機構に施したフッ化樹脂コートの耐久性試験を行った結果、大豆ほ場において約60ha収穫しても、フッ化樹脂コートの一部分に摩耗した程度であった。以上より、湿材適応技術は汎用コンバインの水稲収穫作業や大豆収穫作業に有用であった。
索引語湿材適応性拡大;コンバイン;適応;研究;技術;汎用コンバイン;適用;性;拡大
引用文献数7
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat