北イタリア・トレヴィーゾにおける地理的表示制度による野菜産地の形成

北イタリア・トレヴィーゾにおける地理的表示制度による野菜産地の形成

レコードナンバー815251論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004775NACSIS書誌IDAN00202024
著者名高柳 長直
宮地 忠幸
両角 政彦
今野 絵奈
書誌名農村研究
別誌名Journal of rural community studies
Nōsonkenkyu
Nōsonkenkyū
発行元東京農業大学農業経済学会→食料・農業・農村経済学会 (121号-)
巻号,ページ113号, p.66-79(2011-09)ISSN03888533
全文表示PDFファイル (603KB) 
抄録ローカル性を付与した農産物がヨーロッパや日本で注目されている。そうした手法の代表が地理的表示制度であり,ヨーロッパで発達してきた。本稿は,EUのPDO/PGIの特徴と産地形成に与えた役割について,北イタリアのトレヴィーゾ・ラディッキオを事例に考察した。トレヴィーゾ・ラディッキオは歴史的に栽培されてきたが,生産が拡大したのは1980年代以降である。地理的表示制度は余剰傾向にあった農産物から他の品目への転換を促した。しかし,実際にはPDO/PGIの農産物の流通は限定的であり,地理的表示制度はラベリング効果によるブランド化という役割を果たした。
索引語北イタリア;地理的表示制度;野菜産地;形成
引用文献数18
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat