躯幹部の湾曲を示すヒラメ人工種苗の特徴と遺伝要因の推定

躯幹部の湾曲を示すヒラメ人工種苗の特徴と遺伝要因の推定

レコードナンバー815290論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名澤山 英太郎
高木 基裕
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ59巻・ 4号, p.585-591(2011-12)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (4693KB) 
抄録躯幹部の湾曲を伴うヒラメ形態異常(湾曲個体)の発生要因を調べるために、形態学的な観察とマイクロサテライトDNAによる遺伝指標の比較および親子鑑定を実施した。27個体の親魚を用いて種苗生産を行い、58日齢の正常個体40個体と湾曲個体53個体を得た。形態学的な観察から、湾曲個体においては神経棘と血管棘の異常形成が確認された。ヘテロ接合体率やアリル頻度といった遺伝指標は、正常個体と湾曲個体で大きな違いは確認されなかった。親子鑑定の結果から、正常個体は7個体のメス親魚と10個体のオス親魚からなる20組合せが、湾曲個体では5個体のメス親魚と9個体のオス親魚からなる17組合せが確認された。また、湾曲個体を多く生んでいる親魚は確認されなかった。以上の結果から、本湾曲個体は遺伝的な要因よりも、何らかの後天的な要因が強く影響しているものと推測される。
索引語躯幹部;湾曲;ヒラメ人工種苗;特徴;遺伝要因;推定
引用文献数20
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat