2-アルキルシクロブタノン類を指標にした放射線照射食品の検知

2-アルキルシクロブタノン類を指標にした放射線照射食品の検知

レコードナンバー815334論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
論文副題ヨーロッパ標準規格法(EN1785)の脂肪含有食品における検知性能の検証
著者名堤 智昭
等々力 節子
根井 大介
石井 利華
渡邉 敬浩
松田 りえ子
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ52巻・ 6号, p.321-329(2011-12)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (1073KB) 
抄録放射線照射食品の検知法であるEN1785の検知性能を評価し、牛肉、豚肉、鶏肉およびサーモンへの適用を検証した。本法は照射の有無を判定する定性試験法であるため、陰性および陽性試料を用いた評価方法を定めた。未照射の各食品から抽出した脂肪を陰性試料、陰性試料に2-アルキルシクロブタノン類を0.05μg/g lipid添加(約0.5kGy照射した際の生成量)した脂肪を陽性試料とした。各食品について4個の陰性試料および16個の陽性試料を分析し、本法の検知性能を評価した。本法は各食品の陰性および陽性試料をすべて正しく判定定でき、これらの食品への適用が妥当であると判断できた。次に上記方法で検証したEN1785の検知性能を確認するため、未照射およびガンマ線照射(0.5~4kGy)した上記と同種の食品を本法により分析した。その結果、すべての試料について照射の有無を正しく判定できた。さらに、ほかの1試験室において、本法の検知性能を検証した後、照射履歴をブラインドにして上記と同種の食品を分析した。各食品につき10試料(未照射2試料、照射8試料)を分析した結果、正答率は100%であった。
索引語アルキルシクロブタノン類;指標;放射線照射食品;検知;ヨーロッパ標準規格法;脂肪含有食品;検知性能;検証
引用文献数25
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat