ネイハキンカンの開花調節における土壌乾燥処理効果の変動と大気相対湿度の関係

ネイハキンカンの開花調節における土壌乾燥処理効果の変動と大気相対湿度の関係

レコードナンバー815393論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名小野 拓生
萩原 宏幸
安田 直登
竹川 弘志
岩崎 直人
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ11巻・ 1号, p.81-85(2012-01)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (398KB) 
抄録キンカンの1番花数に及ぼす開花前の土壌乾燥処理効果における年次変動の原因を解明することを目的として,土壌乾燥処理効果における大気の相対湿度の影響について検討した. 土壌乾燥処理は春枝の伸長停止2週間後から行い,10日間土壌乾燥区,20日間土壌乾燥区,空気乾燥区および土壌・空気乾燥区を設定した. 20日間土壌乾燥区では,対照区および10日間土壌乾燥区に比べて1番花数が有意に増加するとともに,根のABA含量も有意に増加した. 一方,葉のABA含量は20日間土壌乾燥区と10日間土壌乾燥区の間で有意な差を示さなかった. さらに,土壌・空気乾燥区においても,空気乾燥区に比べて1番花数が有意に増加するとともに,根のABA含量も有意に増加したが,葉のABA含量は有意な差を示さなかった. 以上の結果から,土壌乾燥処理が1番花数に及ぼす影響の指標としては,根のABA含量が適切であると考えられた. さらに,大気の相対湿度は土壌乾燥処理の効果を増幅するものと考えられた.
索引語ネイハキンカン;開花調節;土壌乾燥処理効果;変動;大気相対湿度;関係
引用文献数15
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat