葉影率から推定した LAI に基づく露地栽培ブドウの着果量調節事例

葉影率から推定した LAI に基づく露地栽培ブドウの着果量調節事例

レコードナンバー815399論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名白石 美樹夫
林 秀典
上野 俊人
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ11巻・ 1号, p.127-136(2012-01)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (6225KB) 
抄録露地栽培の生食用ブドウ18品種について,2か年にわたる事例調査研究を行い,生産現場で簡易に設定できるLAIに基づく着果量調節の手順について明らかにした. 着果量調節を行う満開40~50日後のLAIと葉影率との間には,1%水準で有意な二次回帰が認められ,葉影率からLAIの簡易推定が可能であった. LAIに基づく着果量調節では,樹冠占有面積当たりのLAI,樹冠占有面積,想定果房重および葉面積当たりの着果量(赤色系0.6~0.8kg・m-2<黒色・紫色系:0.8~0.9kg・m-2<白色系:1.0~1.1kg・m-2)を変数に用いて数式化し,樹冠占有面積当たりの着房数を算出した. 実証試験の結果,品種固有の特性が十分に発揮された高品質果実が得られた.
索引語葉影率;推定;LAI;露地栽培ブドウ;着果量調節事例
引用文献数24
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat