天蚕繭蛋白質のカルボベンゾキシ化反応

天蚕繭蛋白質のカルボベンゾキシ化反応

レコードナンバー826051論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20008669NACSIS書誌IDAN00366054
著者名漆崎 末夫
書誌名蠶絲試驗場彙報
別誌名Technical bulletin of Sericultural Experiment Station, Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries
Technical bulletin of Sericultural Experiment Station
蚕糸試験場彙報
発行元農林省蠶絲試驗場
巻号,ページ123号, p.209-215(1984-12)ISSN03853594
全文表示PDFファイル (260KB) 
抄録天蚕繭層をTFAに溶解後透析して分別したセリシンに比較的近い蛋白質に対し,カルボベンゾキシクロライドを親電子試薬とするSHOTTEN-BAUMANNアシル化反応並びに媒質をジメチルホルムアミドに変えた不均一反応を試みた。1)反応系のpHを8~9とした場合はカルボベンゾキシ基の結合が示されたが,pHをそれ以上高めてもその効果の小さいことが明らかになった。このことから,pKの大きいアルギニン側鎖などは分子内に埋没していることが考えられた。2)ジメチルホルムアミド中では,求核性の強い塩基性基意外にオキシアミノ酸の水酸基など強求核性基が反応していることが示唆された。これは,非プロトン性のジメチルホルムアミドの高い極性によるものと考えられる。
索引語天蚕繭蛋白質;カルボベンゾキシ化反応;ジメチルホルムアミド;セリシン;BAUMANNアシル化反応並び;このこ;反応;天蚕繭蛋白質;カルボベンゾキシ化反応;求核性;天蚕繭層;溶解後透析
登録日2011年09月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat