マメ類の連作圃場における活性炭の施用がダイズの生育および収量性に及ぼす影響

マメ類の連作圃場における活性炭の施用がダイズの生育および収量性に及ぼす影響

レコードナンバー830051論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名元木 悟
西原 英治
北澤 裕明
久徳 康史
上原 敬義
矢ヶ崎 和弘
酒井 浩晃
重盛 勲
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ81巻・ 1号, p.77-82(2012-01)ISSN00111848
外部リンク
全文表示PDFファイル (493KB) 
抄録ダイズの連作障害におけるアレロパシーの関与について調査するため,ダイズの無作付け土壌および1,2,3,5年作付けした土壌にレタスを播種し,バイオアッセイを行った。その結果,ダイズを1年以上作付けした土壌には,レタス幼苗に対する生育阻害活性が認められた。その際,活性炭添加による生育回復効果はダイズの連作年数の増加により小さくなり,土壌の生育阻害活性は,連作年数が増加するに従い上昇するものと考えられた。また,根圏土壌の理化学性について調査したところ,ダイズを作付けした根圏土壌には,塩類の集積やpHの変動,無機養分の異常あるいは病害の発生が認められなかった。従って,ダイズの連作障害の一因としてアレロパシーの関与が考えられた。この結果を踏まえ,アレロパシー物質の吸着効果を有する活性炭の,マメ類連作圃場への施用がダイズの生長に及ぼす影響について,「タチナガハ」,「エンレイ」,「玉大黒」,「小真木ダダチャ」および「夏の声」の5品種を用いて調査した。「タチナガハ」,「玉大黒」および「夏の声」では,活性炭の施用により,収量性の低下が軽減された。
索引語ダイズ;土壌;活性炭;施用;作付け;タチナガハ;玉大黒;夏の声;収量性;影響
引用文献数33
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat