発酵茶の生理活性物質teadenols A,Bとカテキン類の含量比較

発酵茶の生理活性物質teadenols A,Bとカテキン類の含量比較

レコードナンバー830064論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名石丸 幹二
古賀 咲江
高田 真菜美
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ59巻・ 1号, p.45-48(2012-01)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (319KB) 
抄録微生物制御発酵茶は,近年特に日本において開発,商品化されている新しいタイプの発酵茶である。単一の微生物を用いて発酵処理を行うのが特徴であるが,特にAspergillusで発酵処理した茶から,新しいカテキン代謝物であるteadenol類が発見され、その化学構造の新規性と抗メタボリックシンドローム活性が注目されている。今回、現在日本で市販されているAspergillusで発酵処理した5種の微生物制御発酵茶についてHPLC分析をおこなった。分析したすべての茶においてteadenol類が含まれていたが,発酵条件等の違いによる成分含量の差異も認められた。また,茶葉からのteadenol類の調製に関する実験では,比較的安全・安価な試薬類を用いたカラムクロマトグラフィーによりteadenol類を効率的に単離することができた。今後も,茶由来の新規機能性成分の生産とカテキン代謝機構の解明に利用される新しい微生物制御発酵茶の開発が期待される。
索引語teadenol類;Aspergillus;茶;微生物制御発酵茶;発酵茶;発酵処理;日本;開発;用いて発酵処理;分析
引用文献数7
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat