ディスク式中耕培土機の開発と基礎試験(3)

ディスク式中耕培土機の開発と基礎試験(3)

レコードナンバー830122論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015065NACSIS書誌IDAN00200470
論文副題耕深と培土量の調節に関する試験
著者名後藤 隆志
手島 司
藤井 幸人
大西 正洋
遠藤 準
越智 健市
鋤柄 忠良
書誌名農業機械學會誌
別誌名Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery
農業機械学会誌
Journal of the Society of Agricultural Machinery
Journal of the Society of Agricultural Machinery, Japan
発行元農業機械學會
巻号,ページ74巻・ 1号, p.72-78(2012-01)ISSN02852543
全文表示PDFファイル (619KB) 
抄録開発したディスク式中耕培土機を供試し,2箇所の大豆栽培ほ場において耕深調節用定規輪の取付け位置に関する試験を,1箇所の裸地ほ場と3箇所の大豆栽培ほ場において前・後列ディスクのディスク角と後列ディスクの取付け間隔に関する試験を行った。その結果,(1)定規輪を機体前方に取付けた場合と中耕ユニットの後方に取付けた場合で培土性能に大きな差はないこと,(2)作物条間が広くなるにつれ前列ディスクのディスク角を大きくすること,作物条間によらず後列ディスクの取付け間隔を40~45cmに保つこと,作業速度が0.5m/s程度高まるに従い後列ディスクのディスク角を7.5°小さくすることにより適正な培土性能を確保できることが明らかとなった。
索引語試験;後列ディスク;ディスク角;ディスク式中耕培土機;開発;耕深;培土量;大豆栽培ほ場;取付け間隔;培土性能
引用文献数4
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat