MRS寒天培地と変法LBS寒天培地における乳酸菌の選択的単離能の比較

MRS寒天培地と変法LBS寒天培地における乳酸菌の選択的単離能の比較

レコードナンバー830156論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014790NACSIS書誌IDAA11125739
著者名木下 英樹
井本 瞬
須田 義人
石田 光晴
書誌名ミルクサイエンス = Milk science
発行元日本酪農科学会
巻号,ページ60巻・ 3号, p.171-176(2011-12)ISSN13430289
全文表示PDFファイル (460KB) 
抄録プロバイオティック乳酸菌の単離は現在でも積極的に行われており,効率的な方法が望まれる。本研究ではMRS寒天培地とmLBS寒天培地を用いて乳酸桿菌を単離し,その選択性について比較した。単離試験の結果,乳酸桿菌の検出率は,MRS寒天培地では59.4%,mLBS寒天培地では75.0%であった。また,MRS寒天培地で最も多く単離されたLb. sakeiは,mLBS寒天培地では1菌株のみしか生育できず,Lb. curvatusおよびLb. rossiaeはmLBS寒天培地では全く生育できなかった。L. plantarum,Lb. coryniformis,Lb. rhamnosus,Lb. gasseri,Lb. brevis,Lb. fermentum,Lb. alimentarius,Lb. paracaseiおよびLb. caseiは,単離した全ての菌株がmLBS寒天培地に良好な生育をみせた。Lactobacillus属以外の乳酸菌では,Leuconostoc属,Weissella属,Pediococcus属が検出されたが,mLBS寒天培地に生育できたのはPediococcus属だけだった。このようにMRS寒天培地は選択性が低く乳酸菌以外の様々な細菌も分離され,mLBS寒天培地は選択性が高く乳酸桿菌でも生育できない菌株が存在することが明らかとなり,目的に応じた培地の選択が必要であると考えられた。
索引語Lb;mLBS寒天培地;MRS寒天培地;生育;単離;選択性;比較;乳酸菌;乳酸桿菌;菌株
引用文献数15
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat