フェニックス・ロベレニーと水産加工残渣の混合堆肥化

フェニックス・ロベレニーと水産加工残渣の混合堆肥化

レコードナンバー830194論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032174NACSIS書誌IDAA12209120
著者名田中 優平
岡澤 立夫
野口 貴
益永 利久
書誌名東京都水産海洋研究報告
別誌名Tokyo Metropolitan Research on Fisheries Science
発行元東京都島しょ農林水産総合センター
巻号,ページ5号, p.43-48(2011-10)ISSN18815693
全文表示PDFファイル (398KB) 
抄録1)クサヤ加工残渣(魚腸骨)を米ぬかを用いて嫌気発酵処理をすることにより,臭気が軽減され保存性が向上することが明らかになった。2)クサヤ加工残渣を嫌気発酵させた後に,ロベの伐採木をチップ化したロベチップと混合し,好気発酵させた堆肥は,堆肥化期間中に1ケ月程度60℃以上の高温期が続くことから,衛生上の問題はないと考えられる。3)試作堆肥の重金属含量は法令の基準値を下回っており,安心安金な堆肥であることが明らかになった。4)コマツナおよびオクラで生育への影響を検証した結果,市販堆肥と同等の効果が確認された。
索引語堆肥;クサヤ加工残渣;用いて嫌気発酵処理;嫌気発酵;ロベ;伐採木;チップ化;好気発酵;堆肥化期間中;フェニックス
引用文献数6
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat