新生子の免疫学

新生子の免疫学

レコードナンバー830295論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20038563NACSIS書誌IDAA12483687
著者名Cortese V.S.
田中 伸一
書誌名産業動物臨床医学雑誌 = Japanese journal of large animal clinics
発行元日本家畜臨床学会
巻号,ページ2巻・ 3号, p.169-174(2011-11)ISSN1884684X
全文表示PDFファイル (407KB) 
抄録新生子の免疫学は,人や動物の医療領域において,活発な研究が継続的に押し進められている分野であり,その免疫応答は母親と子供から由来する要素が絡み合って複雑な相互関係を構築している。このシステムは病原体に対応して様々な防御レベルを判断できるだけでなく,受動免疫と能動免疫をうまくかみ合わせることによって,新生子へ適切な防御能を賦与している。最近,若齢動物の免疫応答に対する従来の考え方を再度見直そうとする研究が進められており,免疫状態や免疫機能を確認する新しい画期的な方法も幅広く活用されている。これら最近の研究は免疫学的に未熟な新生子という不可思議で,重要な領域を解明するのに役立っている。
索引語新生子;研究;免疫学;免疫応答;領域;動物;人;医療領域;押し;分野
引用文献数44
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat