みつえ高原牧場における体外受精

みつえ高原牧場における体外受精

レコードナンバー830336論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009106NACSIS書誌IDAA11673053
著者名山田 育弘
西野 治
藤原 朋子
安川 幸子
書誌名奈良県畜産技術センター研究報告
別誌名奈畜研報
発行元奈良県畜産技術センター
巻号,ページ36号, p.15-17(2011-07)ISSN13485083
全文表示PDFファイル (121KB) 
抄録平成19年度から平成22年度までのみつえ高原牧場における体外受精卵生産の現状について検討した。胚発生率は各年とも同様に冬期に低下していた。場内での受胎率は平成19年度から21年度までは50%を越えていたが、22年度は36.4%と大きく低下していた。これは猛暑の影響により夏期の受胎率が極端に低下したためと考えられた。一方、フィールドでの体外受精卵の利用は減少傾向にある。県内産大和牛素牛の生産向上のため、今後は年間を通した安定した生産体制を確立するとともに、場内での高受胎率と生体卵由来牛と遜色ない子牛価格をアピールすることにより、酪農家での利用促進を図ることが必要である。
索引語低下;みつえ高原牧場;受胎率;場内;各年;冬期;夏期;体外受精;体外受精卵;利用
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat