食品の連続式蒸気殺菌技術に関する研究と開発

食品の連続式蒸気殺菌技術に関する研究と開発

レコードナンバー830343論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20014033NACSIS書誌IDAA12076107
著者名設楽 英夫
尾辻 淳一
川田 次郎
書誌名日本食品工学会誌 = Japan journal of food engineering
別誌名日本食品工学会誌
JSFE
発行元日本食品工学会
巻号,ページ12巻・ 4号, p.117-122(2011-12)ISSN13457942
全文表示PDFファイル (430KB) 
抄録食品の製造者にとって,品質の向上と安定化,新製品開発のために殺菌は重要な工程である。その殺菌工程では次々と新しい課題が生じるため,常に課題解決に向かって取り組んでいる。ここでは,連続式蒸気殺菌技術において,スチームインジェクション法の殺菌効果を算出するのに必要な殺菌時間を求めるために混合長さの測定方法の開発とCED解析を実施し実用機への応用を行った。また,インフュージョン式とプレート式の場合で同等の殺菌効果を得るための殺菌条件の決定法を提案した。さらに,チーズのような付着性,固化性のある高粘度製品にも取り組んだ。蒸気直接加熱を用いた溶融時のインラインでの粘度測定を実施し,チーズ物性の安定化についてシステム開発を実施した。このように,製造者という業務上の必要に迫られて実施した殺菌技術の研究を通して,蒸気直接加熱方式で装置や方法の改善,開発を進め,各食品に適合するようにシステムを構築した。
索引語実施;食品;連続式蒸気殺菌技術;研究と開発;開発;製造者;安定化;殺菌効果;殺菌;殺菌時間
引用文献数4
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat