焼酎粕加工液を用いた土壌病害虫抑止法の開発

焼酎粕加工液を用いた土壌病害虫抑止法の開発

レコードナンバー830355論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014779NACSIS書誌IDAN00055757
著者名今村 幸久
黒木 尚
野崎 克弘
白木 己歳
上米良 壽誕
書誌名九州病害虫研究会報
別誌名Proceeding of the Association for Plant Protection of Kyushu
発行元九州病害虫研究会
巻号,ページ57巻・ p.32-37(2011-11)ISSN03856410
外部リンク
全文表示PDFファイル (3819KB) 
抄録焼酎粕加工液の土壌病害抑止効果について,メロンつる割病等のFusarium病に絞って,主に土の生物的視点からメカニズム解明のためのポット試験を行った。その結果,抑止効果には焼酎粕加工液の成分の病原菌に対する直接的な影響ではなく,土の中に存在する微生物の関与が推測された。加工液を潅注処理すると土壌の微生物活性が高まるが,微生物活性値と土壌の生菌数および発病抑止効果にはある程度の関連性があることが示唆された。以上の結果から抑止効果のメカニズムの一つは、処理した焼酎粕加工液を増殖源として,ほ場に元々生息する土壌微生物が増殖し,病原菌との競合およびその他の総合的な作用が働くことにより,発病が抑えられると推察された。
索引語焼酎粕加工液;抑止効果;土;土壌;病原菌;メロンつる割病;加工液;潅注処理;微生物活性;微生物活性値
引用文献数17
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat