バングラデシュのブロイラー契約生産における制約要因

バングラデシュのブロイラー契約生産における制約要因

レコードナンバー830648論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015365NACSIS書誌IDAN00202829
著者名Islam Md.S.
佐々木 隆
Nahar Chhabi K.Q.
書誌名農林業問題研究
別誌名Journal of rural problems
Journal of rural problem
発行元富民協会
巻号,ページ47巻・ 3号, p.327-335(2011-12)ISSN03888525
全文表示PDFファイル (589KB) 
抄録バングラデシュのブロイラー生産の大部分は,小規模農家により担われているが,その形態は独立小規模生産と契約生産に大別され,後者はインテグレータの性格により企業型とNGO型とに分けられる。しかし周辺諸国とは異なりバングラデシュでは契約生産の成長はみられていない。その原因は,当初導入されたインテグレータの戦略つまり信用取引型の契約生産が農民行動と整合しなかったことによる。契約生産では双方が契約を遵守することが前提となるが,生体取引が中心の場合は特に市場価格と契約価格の乖離が契約違反を引き起こす引き金となりやすい。このため,周辺諸国では契約遵守システムの設計に力がそそがれてきたが,バングラデシュでは,インテグレータが採った契約生産システムが農民の契約違反を引き起こし,結果的に信用取引型契約生産の解体につながった。その後,インテグレータは契約違反を起こしにくい現金取引型の契約生産に変えたが,参加農民にとっての利益は小さく契約生産は停滞したままである。しかし今後増大する鶏肉需要を満たすためにも契約生産の拡大は期待されている。インテグレータには,信用取引型契約システムに戻り参加農家を増やすことが求められている。
索引語インテグレータ;契約生産;バングラデシュ;契約違反;契約;周辺諸国;異なりバングラデシュ;ブロイラー契約生産;制約要因;信用取引型
引用文献数15
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat