2010年夏期の記録的猛暑が京都大学附属農場産のイネの外観品質に及ぼした影響

2010年夏期の記録的猛暑が京都大学附属農場産のイネの外観品質に及ぼした影響

レコードナンバー830747論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009245NACSIS書誌IDAN10074361
著者名内藤 実加
加賀田 恒
若原 浩義
桂 圭佑
齊藤 大樹
中崎 鉄也
北島 宣
書誌名京大農場報告 = Bulletin of the Experimental Farm, Kyoto University
別誌名Bulletin of Experimental Farm, Kyoto University
発行元京都大学農学部附属農場
巻号,ページ20号, p.43-45(2011-12)ISSN09150838
全文表示PDFファイル (219KB) 
抄録イネにおいて,夏期の高温による玄米品質の低下が問題となっている。特に2010年の夏期は北日本から西日本にかけて記録的猛暑となった。そこで,2010年に当農場の大規模圃場において播種期を変えて作付けした複数の品種のイネについて,玄米の外観品質の変異とそれをもたらした要因を解析し,水稲栽培における温暖化対策を検討した。2010年における玄米品質は例年よりも大きく低下したものの,作期や品種によって大きな変異があり,穂揃い後20日間の登熟初期の気温の影響を強く受けていた。今後,より多くの品種,栽培条件下でデータを蓄積していく必要がある。
索引語イネ;夏期;品種;記録的猛暑;外観品質;影響;玄米品質;低下;変異;播種期
引用文献数2
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat