バークの乾燥技術支援

バークの乾燥技術支援

レコードナンバー830896論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011498NACSIS書誌IDAA11455992
著者名東 博文
沖 公友
盛田 貴雄
書誌名高知県立森林技術センター研究報告 = Bulletin of Kochi Prefectural Forest Technology Center
別誌名Bulletin of Kochi Prefectural Forestry Technology Research Center
高知県立森林技術センター研究報告
発行元高知県立森林技術センター
巻号,ページ35号, p.41-45(2010-03)ISSN13486004
全文表示PDFファイル (439KB) 
抄録平成12年に施設園芸用養液培地のロックウールの代替資材としてスギの樹皮(以下バークと称す)を加熱圧縮成型したモックウールが開発された。その後行われた試験施工により、モックウールの製造工程でのバークの乾燥ムラが原因で、整形不良製品が発生することが確認された。そこで、モックウールの実用化のために太陽熱を利用したバークの予備乾燥方法及び保管管理方法を検討した。バークの保管運搬性を考慮し設計したバーク保管バケットを試作し、ガラス温室内外に設置して、保管バケットにおけるバークの乾燥性能を季節別(夏季、冬季)に確認した。ガラス温室内に保管したものは、屋外保管に比べ乾燥効率が夏季において約3倍向上することが確認された。また、保管バケット内部の通気性を向上させるためにガラス温室内で送風乾燥を行ったものでは、無風乾燥時と比較して乾燥効率が約3倍向上した。
索引語バーク;モックウール;確認;ガラス温室内;乾燥効率;保管バケット;冬季;向上;乾燥技術支援;保管
引用文献数2
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat