平成21年度豚肉質を改良する種豚(ボーノブラウン)と飼料を組み合わせた生産現場実証試験成績

平成21年度豚肉質を改良する種豚(ボーノブラウン)と飼料を組み合わせた生産現場実証試験成績

レコードナンバー830924論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011203NACSIS書誌IDAA11642901
著者名吉岡 豪
北山 智広
高橋 真之
大関 輝夫
田口 和夫
臼井 秀義
書誌名岐阜県畜産研究所研究報告
発行元岐阜県畜産研究所
巻号,ページ11号, p.42-49(2011-07)ISSN13469711
全文表示PDFファイル (457KB) 
抄録本試験は、日本農産工業株式会社中部支店との供同研究により、岐阜県内の養豚生産農場において、豚肉の筋肉内脂肪含量を増加させる能力をもつデュロック種豚(以下、ボーノブラウン)を止め雄にして生産された三元肉豚に対し、豚肉の筋肉内脂肪含量を増加させ、ドリップロスを低減させる効果を付与した飼料(以下、試験飼料No.2)又は、豚肉のドリップロスを低減させる効果を付与した飼料(以下、試験飼料No.3)を給与し、発育、枝肉成績及び肉質に及ぼす影響を検討した。その結果、1. ボーノブラウンを用いて生産した肉豚の肥育後期に試験飼料No.2を給与すると、出荷日齢は、従来の飼料を給与した肉豚に比べ約10日~15日遅延した。一方、試験飼料No.3の給与は、出荷日齢に影響を及ぼさなかった。2. ボーノブラウンを用いて生産した肉豚の肥育後期に試験飼料No.2又はNo.3を給与して得られた豚肉は、一般流通豚肉に比べて、ロース肉のドリップロスが40~67%に低減し、背脂肪内・外層融点が3.7℃~4.7℃低くなった。3. ボーノブラウン、試験飼料No.2又はボーノブラウン+試験飼料No.2の筋肉内脂肪含量増加効果は、それぞれ、+1.2ポイント、+0.8ポイント及び+3.0ポイント程度であると推察された。
索引語飼料;肉豚;給与;豚肉;用いて生産;肥育後期;ドリップロス;低減;筋肉内脂肪含量;増加
引用文献数3
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat