平成21年度和牛種雄牛産肉能力検定直接法成績

平成21年度和牛種雄牛産肉能力検定直接法成績

レコードナンバー830925論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011203NACSIS書誌IDAA11642901
著者名植田 拓也
向島 幸司
坂口 慎一
加藤 勉
書誌名岐阜県畜産研究所研究報告
発行元岐阜県畜産研究所
巻号,ページ11号, p.50-57(2011-07)ISSN13469711
全文表示PDFファイル (522KB) 
抄録高品質午肉生産と優良繁殖用後継牛生産のための種雄牛造成を目的として、平成21年度に種雄牛候補9頭の和牛産肉能力検定直接法(直接検定法)を実施した。検定成績及び肉質の遺伝的能力等を考慮して選抜した結果、本年度の検定成績からNo。3の「光神龍7(後に「永光清」に改名)」、No。5の「花安鶴」及びNo。7の「立花国」を現場後代検定用の候補種雄牛として選抜した。
索引語検定成績;選抜;高品質午肉生産;優良繁殖用後継牛生産;種雄牛造成;和牛産肉能力検定直接法;直接検定法;実施;肉質;遺伝的能力
引用文献数3
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat