小川群落保護林における水文観測報告 (2000年8月~ 2007年9月)

小川群落保護林における水文観測報告 (2000年8月~ 2007年9月)

レコードナンバー830962論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00010758NACSIS書誌IDAN10164318
著者名阿部 俊夫
藤枝 基久
壁谷 直記
久保田 多余子
野口 宏典
清水 晃
坪山 良夫
野口 正二
書誌名森林総合研究所研究報告
別誌名Bulletin of the Forestry and Forest Products Research Institute
発行元森林総合研究所
巻号,ページ10巻・ 4号, p.291-317(2011-12)ISSN09164405
全文表示PDFファイル (13355KB) 
抄録小川群落保護林は、北関東にある落葉広葉樹成熟林であり、日本長期生態学研究ネットワーク(JaLTER)や環境省のモニタリングサイト1000のコアサイトともなっている。筆者らは、小川群落保護林内の小渓流に簡易な量水堰を設置し、約7年間、水文観測をおこなった。流出量および降水量は、日値を基本として取りまとめたが、冬期間については、雨量計で降雪を計測できないため、もっとも近いアメダス観測所のデータを用いて月降水量を推定した。また、渓流水温についても、渓流生態学研究の補足的データとして堰の約60m上流で観測をおこなった。本報告の全観測期間について計算した平均年流出量および平均年降水量はそれぞれ1079.4mm、1806.6mmであった。年平均水温は、2000年7月~ 2006年3月について9.8 ℃であった。
索引語小川群落保護林;冬期間;用いて月降水量;堰;観測;全観測期間;水文観測報告;降水量;流出量;データ
引用文献数24
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat